FAQ ~ よくある質問

システムの恒常的な運用保守は対応してもらえるか?
当方で改修を行ったシステムに限り、安定稼働を目的に、運用保守サービスを提供できます。
あくまで開発を事業の柱としているため、運用保守は開発の付随的な業務という位置付けから、障害等の一次切り分けはお客様自身で実施いただきます。 また、エンドユーザ様(お客様からみたお客様のことです)と弊所が直接コミュニケーションを取ることも基本ありません。
保守契約は、月額固定、スポット(インシデント制、チケット制)など、お客様の状況に柔軟に合わせられます。
リバースエンジニアリングのみでも対応してもらえるか?
基本的にはお請けしておりませんが、納品物(成果物)にも依ります。
ツール等で容易に生成可能なドキュメントはお客様自身で対応いただくことをお勧めしております。
新規の開発には対応していないのか?
そのようなことはありませんが、チームで開発していないため、お請けできるのは小規模なシステムに限ります。
目安としては、開発費が概ね500万円を超える規模の案件はお請けしておりません。
完全に新規のシステムとなりますと、対象分野に強みがある業者を選定の上で委託するのがもっともパフォーマンスが良いと考えます。
仕様書が無いが対応してもらえるか?
本番環境(商用環境・プロダクション環境)で稼働しているモジュールと完全に一致するソースコード、ビルドファイルがあれば問題ありませんが、解析工数が余計にかかるため料金割増になります。
仕様書や設計書などのドキュメント類は基本的に信用しない(信用できるのはソースコードのみ)というスタンスです。
ただし、サービスの運用手順書・利用者マニュアルの類は提供願います。これらドキュメントの用意が無いシステムは、ユーザが付いていない「未完成」のシステムと弊所は考えています。未完成のシステムを完成品に持っていくような業務はしておりません。
また、既存システムの仕様を理解・説明できる人がいない場合もお請けできません。実装が不具合なのか仕様なのか判別できないからです。
いわゆるSES企業ですが協業しませんか?
そのような提案を多くいただきますが、弊所では、一部の紹介案件を除き、SES・受託開発会社様との協業(業務提携)はしておりません。
今後もその予定はありません。
プロジェクトマネジメントのみ対応してもらえないか?
設計・開発を主業務としているため、開発チームへの技術指導といった後方支援も含めお請けしておりません。
また、テスト作業・品質検査のようなルーティン業務、エンドユーザ様からのクレーム処理にも対応しておりません。